日経徹底解説

おはようございます。

NY市場は米銀大手のJPモルガンが
好決算だった事で、今後の決算発表
への期待感が追い風になり上昇。
ダウのみ4/5高値(26487ドル)や
月足買い転換(26544ドル)に到達
出来ていませんが、この水準までは
時間の問題かと思っています。

問題はその後です。ダウ月足の画像
を見て頂くと1番分かりやすいですが
現在ヘッドアンドショルダーを形成
しており、高値(26951ドル)を超え
て来ない限りは解消されません。

又、ショルダーが26616ドルである事
やMACDは未だマイナスで推移して
いる事に加えて、12月安値(21712)
から昨日まで丁度4700ドルも上昇して
いる為、流石にペースが速すぎるので
来週もう少し上昇して、上場来高値を
抜く事無く調整に入ると考えてます。

ナイトセッションで、22000円の節目
を抜けた事や112円を超えた事で週明け
の日経は上値を試す展開です。

画像の通り、雲下限(22300円)付近
迄の上昇は、ほぼ確実だと考えてます
が、その先が全く読めません。

来週の週足遅行線が関係する11月初週
の高値が22300円で、その際の一目基準
・転換線共に22635円なので、日経が
22300円を超えた後に、勢いづいてその
ラインを目指す事も考えられます。

唯一の不安材料のドル円は、昨日112円
を突破しましたが、結局3/5高値(112.
14円)を更新する事は出来てません。

ただこのレベルは週初に更新してくる
と考えてますが、画像の通り月足買い
転換(112.73円)までは、まだ距離が
あり、個人的には今回も買い転換する
前まで上昇した後、相場が崩れると
現時点では考えています。