7/6 上海市場について

こんばんは

先ほど発表された米国雇用統計を

受けてNY市場は高安まちまち。

ドル円は円高に振れて推移中。

上海市場について

上海総合指数 日足一目均衡表

 

米国の貿易関税発動を受けて上海市場は

上昇していますが、午前中には安値更新

している為、下降トレンド継続中です。

ただRCIはやや上向きに転じパラボリック

転換も間近に迫ってきたので来週は

戻りを試す展開になる可能性が

高いと考えてますが問題は為替です。

元円 週足一目均衡表

 

元円に関しては、まだ上昇基調は確認

出来ません。今後の米国関税問題によって

再度雲下限を下抜けした場合は16円割れも

視野に入れた下落をする可能性が高く、

更なる上海株安に繋がる為ドル円同様に

注目しなければいけません。

 

23時からサッカーW杯準決勝が

始まります。明日も予定が無いので

米国市場を見つつ朝まで観戦します。

本日の日経解説は明日ブログに書きます。

今日も1日ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です