日経徹底解説

こんばんは。

今日で1月も終わりました。
そして明日からは、球春到来。
中日ドラゴンズは今年も優勝に縁が無さ
そうですが、頑張ってもらいたいです。

NYダウ日足チャート

昨晩のNYダウは、約2ヶ月ぶりに25000
ドルを突破しました。また強い抵抗と
なりやすい200日線も突破し、上値が軽く
なっています。

ただ10/3高値から引くトレンドラインの
線上にあるため、まだ安心はできません。
このトレンドラインを超えることで、
名実ともに上昇持続となります。
また万が一、200日線を下回ってしまった
場合は、利食い優勢となる為、昨日開けた
窓を埋める動きになりそうです。

225先物60分足ボリンジャー

先物60分足は、ボリンジャーバンドの+3σ
で頭打ちとなり、直近高値20890円を僅か
に超える事が出来ませんでした。

現在ナイトセッションでは、20700円前後
で推移しており、ひとまず中心線は上回っ
ていますが、やや勢いが衰えています。

今晩のNY市場が、昨晩の勢いをそのまま
持続することが出来れば、直近高値の上
抜けと21000円を突破できる可能性が高く
なります。
しかし反落してしまうと、直近高値を超え
られなかったテクニカル的な弱さと、円高
の警戒感で売り込まれる恐れもあります。

後場 持ち越し 含み益4.0万

お疲れ様です。

東京は今晩21時頃から雪が降るみたい
です。ただ来週2/4は気温が17度まで
上がるそうです。ここまで気候って
変動するのが普通でしたかね。

後場結果


後場急伸して始まりましたが、結局
前場につけた高値(20869円)には
届きませんでした。
ただ日経平均は5日線(20683円)迄
下落しましたが、そこから反発に転じ
た事で、支持線として機能した事が
確認されました。

ドル円は一時108.70円を割れる場面が
ある等、円高基調は続いています。
日足売り転換(現在108.13円)までは
まだ距離があるので、もう少し下に
突っ込む可能性がありますが、9日
RCIは連日で-80%を超えており、安値
水準ではあります。

前場 含み益 +0.5万

こんにちは。

映画『カメラを止めるな』のスピンオフ
ドラマが3月2日(土)のAbemaTVで
放送されるそうです。上田監督は私と
同い年(34歳)なので、自分も上田監督
の様に劇的な変化を起こします。

前場結果


225先物60分足一目均衡表

日経平均は寄り付きから上昇しましたが、
日足買い転換まで、あと13円の所まで
接近しましたが、失速してしまいました。

先物は画像の通り、雲上限目前まで下落
しましたが、その後は基準線まで値を戻
しており、まだ形状は崩れていません。

上海市場は、日足売り転換(2561P)が
近付いており不安視してましたが、現在
は2595P付近で推移しています。
2600Pを超えてこれば、再び上昇が加速
しやすい状況になるので、後場はそこに
も注目したいと思います。

予想レンジ 20700~21000円

おはようございます。

NY市場はパウエル議長のハト派的発言を
好感して一段高。
主要3指数は揃って日足が買い転換して
います。短期間で買い転換した事はリスク
オン相場になりやすい為期待します。

予想レンジ

225先物60分足ボリンジャー

パウエル議長が利上げに対する消極的な
姿勢を示した事で、ドル円は円高に振れ
てます。まだ日足売り転換(108.05円)
まで距離があるので、もう少し下落する
可能性は高そうです。

本日の日経平均は1/25高値(20844円)
と日足買い転換(20882円)を超えて
いけるかに注目します。

225先物の画像を見ても、バンド幅が
拡大しており、20890円を超えると、
NY市場と同様に更なる一段高が期待
出来ます。
又、画像にはありませんが、60分足
一目均衡表を見ると、三役好転した
ばかりなので、出遅れていた日本株
もそろそろ重い腰を上げる準備が
整ったと思います。