日経徹底解説

こんばんは。

225先物60分足ボリンジャー

先週末のナイトセッションで直近高値
(21625円)を明確に上抜けた事で、
株価は大きく上昇しました。
ボリンジャーバンドも大きく拡大して
おり、移動平均線も上向きの為、強い
上昇傾向である事が分かります。
現在は+1α~+2α間で推移しており、+2
αに近づくと下落調整となってます。

とりあえず、ボックスを抜けた目安の
21625円を下回らない限りは、上昇基調
継続と判断出来ますので、節目である
22000円を突破出来るかが焦点です。

先ほど発表された空売り比率が昨年
11月末以来に40%を割り込みました。
このまま上昇が続けば、更に買戻しが
入る事が期待出来ます。

後場結果 +15.0万

お疲れ様です。

後場の日経平均は前場高値を更新し
ましたが、ダウ先物が伸び悩んだ事
で21900円には届きませんでした。

225先物60分足ボリンジャー

225先物を見ても、+2αを超えると、
売りに押されてしまう為、上海の
様な一本調子の上昇力は、まだ期待
出来ない状況です。

ドル円については、112円目前で推移
していますが、このまま112円を抜け
ず、停滞したままだと、売りが出始め
てしまう為、早急に112円台で推移し
て欲しいですが、仮に売りが出たとし
ても、100日線(111.64円)を割る事
は無いと考えています。

前場含み益 16.0万

こんにちは。

上海指数は月足基準線(3014)も
軽く超えて週足一目雲上限(3120)
まで意識される状況です。

しかし日経平均は、ほぼ寄り天状態
で推移してしまってます。
ダウ先物日足買い転換(21216ドル)
出来ていない事が足かせになっている
のかは不明ですが、ドル円も112円に
乗せる場面がありましたので、後場も
引き続き堅調展開が予想されます。

個人的には今朝ワードプレスで紹介
した銘柄で勝負し、今の所は先週末
の紹介銘柄(7203)のリベンジが
出来てる為、ホッとしてます。

予想レンジ 21650~21900円

おはようございます。

本日の日本市場は、先週末のNY市場
や円安推移を好感した堅調推移が予想
されます。

週明けのドル円は111.80円台で始まっ
ている為、場中に112円を回復する様
だと、日経の上昇に弾みがつきます。

上海総合指数 月足一目均衡表

又、全人代を控えている上海総合指数
の動向にも注目が集まりそうです。
先ずは、直近2/27高値(2997)を更新
し、3000台に乗せるかが焦点ですが、
月足基準線(3014)がある為、その辺
までは上昇するかなと考えてます。

225先物60分足ボリンジャー

60分足は直近のトレンドラインの角度
から急上昇している様子が分かります。

下値については上海指数やドル円が大
きく崩れなければ、トレンドラインが
下支えとなって上昇基調が続いていく
と思われます。

上値については、上海指数やドル円が
横ばいに推移した場合+2α(21781円)
付近で頭打ちになりそうですが、
外国株・為替相場を考えると+3α試し
の可能性は高いと考えてます。

注目銘柄 TDK(6762)

先週末、2/25高値(9100円)を更新
し、終値でも100日線(8904円)を
回復しました。
3/2安値(8800円)を下回らない
限りは、12/4高値(9490円)を意識
する動きになると考えてます。