日経徹底解説

こんばんは。

本日ドル円は、場中に一時日足売り
転換に接近した所から、持ち直した
後、200日線(111.35円)手前まで
上昇しました。

画像を見て分かる様に、1/31から引く
トレンドラインで下げ止まっている為
今晩のNYタイムで、このラインを保て
るかが、注目されます。

仮に下抜けてしまった場合は、MACD
が丁度デットクロスしている為、明確
に下降転換が分かる様な下落をする
可能性もあります。

225先物は8日のナイトセッションで
20645円を付けてから反発しており、
本日やや売られる場面はありましたが
チャートの形としては鍋底のような
底打ち感があります。

ただ中心線や節目の21000円が重く、
ナイトセッションに入っても、そこが
強く意識されて伸び悩んでいますが、
今晩のナイトセッションで、21000円
を超える事が出来れば、上値は軽くな
る可能性は高いと言えます。

前場含み益 5.7万

こんにちは。

寄り前からAM10時にかけて、ダウ先物
が軟調推移してしまった為、日経平均
も連れ安し、先週末安値(20993円)
を割った所で、投げ売りが出てしまい
下げ幅が加速しました。
その後はダウ先物が持ち直した事や、
上海指数が堅調だった事もあり、
日経も上昇しています。

因みにダウ先物240分足チャートを
見ると、本日買い転換している為
直近安値(25213ドル)を割れない
限り、基調は上向きと考えて良いと
思われます。

ドル円については、111円を明確に
割り込みましたが、日足売り転換
(110.87円)をギリギリで回避し、
再び111円台を回復している為、
このまま200日線(111.35円)を
突破してこれば面白い展開になり
そうです。

後場の日経については、前場同様に
薄商いの中での展開になる為、上昇
しても中心線(21077円)付近が限界
だと思うので、その辺りで保有した
1570を売却したいと考えてます。

予想レンジ 21000~21300円

おはようございます。

先週末、NY市場は続落していますが
引けにかけて下げ幅を縮小しており、
225先物も大きく下落した場面はあり
ましたが、こちらも引けにかけて
上昇している事や、日経平均は4日
続落中(-796円)という事もあり、
本日の日経平均は、比較的堅調に
推移すると考えられます。

ただし、週明けでもありますので、
薄商いの中での展開になりますので
上値も限定的で、225先物の画像の
通り、75日線(20916円)から100
日線(21114円)の範囲内での推移
になる可能性が高そうです。