後場結果&日経徹底解説

こんばんは。

本日の先物は上昇して始まりましたが
結局21500円前後では、売りに押され
てしまい、昨日に続いて21000円を
強く意識した形で引けました。

移動平均線も5日~75日線が集まって
おり、収斂してきています。
その為、ローソク足は上下どちらにも
動かず、方向感が無くなっています。

ナイトセッションに入って、225先物は
一時21240円まで上昇しましたが、
その後利食いに押されて、現時点では
12/26と2/12を結んだトレンドライン
付近で推移しています。

9日と13日のRCIが安値圏から反発傾向
となっている為、何とか今晩のNY時間
で、節目21000円を抜けずに推移する事
が出来れば、明日は素直に上昇基調の
相場展開が期待出来ます。

前場結果 +15.5万

こんにちは。

11時に中国の鉱工業生産が発表され、
予想に届かなかった事から下げ幅を
拡大しました。

上海指数は3000Pを維持してますが、
日足売り転換(2990P)が接近して
る状態で、MACDは既にDクロスして
いる為、2990Pを割り込むと、今まで
の急伸による反動が大きそうなので
警戒が必要です。

225先物は240分足が買い転換して
始まりましたが、直近高値手前で
失速してしまいました。

240分足の売り転換(20979円)まで
距離があるので、そこまで下落する
とは考えていませんが、画像にある
60分足チャートを見ると、MACDが
Dクロスしている為、後場に海外指数
が下げ幅を拡大する様な事があれば
もう一段安も想定してます。

ドル円は、本日日足売り転換しました
が、現時点では111.50円付近まで上昇
しています。
買い転換は112.12円ですが、100日線
(111.51円)を明確に抜ければ、日経
平均にも好感した買いが入りそうです。

ただ、上下どちらに行くか不透明なの
で、後場は様子見姿勢で臨みます。

予想レンジ 21350~21550円

おはようございます。

NY市場は3指数共に上昇。
ダウは買いシグナルが点灯しましたが
まだ日足買い転換(25951ドル)や
20日線(25776ドル)の下にいます。

買い転換中のNASDAQやSP500も堅調
推移が続いてますが、ダウと同様に
MACDはまだマイナスですので、まだ
警戒は必要です。

225先物は、ナイトセッションで下降
トレンドラインを突破し、終始堅調
展開が続きました。
本日は、直近高値(21380円)を抜け
て、上昇を加速する事が出来るかに
注目が集まります。

ただドル円が、やや円高基調で推移
しており、日経の重しになってます。
まずは111.33円を超えて推移する事
が求められますが、売り転換(111.
07円)も接近している為、本日の
ドル円は要注目です。

注目銘柄 日立(6501)

昨日は反落しましたが、週足転換線(
3364円)で下げ止まりました。
画像の通り、転換線と基準線が今週
Gクロスしており、強気展開が予想さ
れる為、目先は3/12高値(3499円)
や2/18・26の3515円水準を目指す
展開になると考えています。