日経徹底解説

おはようございます。

NY市場はISMの経済指標は予想を
下回った事よりも米中会談が3月半ば
にも開催されるかもとの報道を好感し、
上昇しました。

NASDAQ日足は短期間で再び買い転換
しており、ダウとSP500も買いシグナル
が点灯しており、日足買い転換を伺う
態勢が整っています。

ドル円日足チャート

ドル円は、2/28に75・200日線を突破
した後、上値が軽くなった事やドルの
買戻しが入った事で順調に上値を伸ば
し、昨晩は一時112円をつけました。

これで、ドル円は上昇しやすい環境に
なった事は間違いないですが、次の
抵抗線は昨年11/12から引くトレンド
ライン(112.60~70円)になる為、
このラインを超える事は容易では
ありません。

又その前に暴落のキッカケになった
112.20~30円のラインもある為、
週明けドル円がどの様なスタートを
切るのかは最大の焦点です。

因みにドル円月足買い転換は113.07
円なので、ここに辿り着ける事が
出来るかも注目されます。

225先物日足チャート

ナイトセッションでは、21750円迄
上値を試した為、週明けの日経は
12/13高値(21880円)を意識する
展開になりそうです。

ただドル円が112円台をつけてます
し、NY市場も再び上昇を加速しよう
としている状況を考えると、200日線
を超えて、昨年10~12月の22500~
22700円台を目指す展開になっても
何ら不思議ではありません。

3/8(金)にメジャーSQがあるので
来週は思惑が入り混じったボラの
高い展開が予想されますが、日経が
21500円を割れない限りは上昇目線
で間違いないと思っているので、
超強気で攻めます。

あと2月の収益結果報告は明日(3日)
書きたいと思います。

後場結果 -3.6万

お疲れ様です。

ドル円が111.70円台に突入した
事やダウ先物240分が買い転換
した事を好感して、後場日経平均は
年初来高値を更新しました。
終値でも21600円をキープした為、
来週は200日線(22032円)を目指す
展開になりそうですね。

本日の日経平均の推移については、
予想通りの展開になりましたが、
肝心の今朝ワードプレスで紹介した
トヨタ自動車は、相場とは真逆の動き
をしてしまいました。猛省します。

前場含み損 1.9万

こんにちは。

日経平均は直近高値(21610円)に
僅かに届かず、ダウ先物も240分足
買い転換(26015ドル)に僅かに
届かずといった、少しヤキモキする
前場になりました。

後場については、ドル円が100日線
(111.65円)を抜けてきた為、前場
同様に堅調展開が予想されますし、
高値更新する可能性もあると思って
います。

個人的にはトヨタ自動車を保有して
いるので、昨日安値(6692円)を
割らない限りは来週に持ち越しを
したいと考えてます。

予想レンジ 21400~21650円

おはようございます。

NY市場は3指数共に下落し、ダウと
SP500は日足売り転換しました。
ただ米GDPの結果を好感し、ドル円
は大幅上昇し、こちらは日足買い転換
してます。

ドル円日足チャート

更に裁定買い残も再び上昇ムードを
感じる動きなので、日本市場について
は強気目線でいます。

裁定買い残(~2/26)

225先物は日足売り転換(21255円)
に接近する場面がありましたが、
ザラ場中に米朝会談の不透明感を
察した売りが既に入っていた為、
ナイトセッションでは一時的な
下落で収まりました。

225先物日足一目均衡表

本日の日経は、ドル円が2/25高値
(111.24円)や75日線(111.29円)
を抜けて来た事が好感されて、
堅調推移を予想しています。

とりあえず225先物は昨日安値が
当面の下値になり、来週にかけて
12/13高値(21880円)や遅行線の
上にある雲下限辺りを攻める展開
になると考えています。

注目銘柄 トヨタ自動車(7203)

本日は円安メリット株が相場を引っ張る
可能性が極めて高い為、トヨタ自動車の
動向に注目してます。

株価は2日続落して、日足は売りシグナル
が昨日点灯しましたが、直近高値である
6805~6808円を超えて200日(6924円)
を目指す強い展開になる可能性が高い
と考えています。

日経徹底解説

こんばんは。

早朝に妻が下腹部痛に襲われた為
直ぐに病院へ直行。
まだ痛みは癒えていないみたいですが
とりあえず帰宅出来ました。

225先物日足チャート

早朝225先物は21600円に迫る場面が
あった為、寄り天になる展開は全く
想像していませんでした。

引け前にかけては、米朝会談が合意
しない可能性があるとの観測で更に
下げ幅を拡大し、10日線まで下落
しています。

ナイトセッションでは、開始直後に
21300円を割り込む場面があり、
10日線(21418円)も明確に割り込
んでしまった為75日線(21108円)
や節目21000円までの下落が意識
されています。
しかし、唯一希望を持っている点
としては、225先物日足売り転換
(21255円)を現時点では維持
している事です。

普通に考えれば急落から来る
リターンムーブだと思いますが、
もし10日線や5日線を超えて終わる
様な事になれば、再び上昇相場に
戻る為、確率は低いですが、そう
なる事を願って休みます。

後場結果 & 日経徹底解説

こんばんは。

225先物60分足一目均衡表

225先物はナイトセッション開始と
共に窓を開けて下落し、雲を下抜け
た為、直近安値(21370円)を試す
展開になると覚悟しましたが、
雲を割れた時点で買いが入り、その後
上昇に転じています。

現在は、転換線が基準線をDクロス
している事は不安材料ですが、
SLOWが底値圏から上向きに転じて
いる為、トレンドラインを割らない
限りは、堅調推移が期待出来ます。

またドル円についても、110.35円迄
下落しましたが、現在は110.50円台
で推移しています。
丁度5日線(110.70円)~20日線(
110.24円)の間で動いているので、
どちらかにブレイクすると、日経も
同様の動きになりそうですね。

前場結果 +8.0万

こんにちは。

薄商いで高安の幅が約70円と低い
ボラティリティでの展開なので、
デイトレには不向きな相場ではあり
ますが、日経平均は底堅い動きを
しています。

225先物60分足ボリンジャー

60分足は、10本線が中心線を抜けて
来た為、上値を追いやすい状態に
なっていますが、後押し(売買高)
が少ない為、伸び悩んでいます。

後場も、昨日の様な突発的な報道
が無い限りは、引き続きボラが低い
展開になる為、様子見します。

予想レンジ 21450~21650円

おはようございます。

NY市場は3指数共に小幅反落してます
が、上昇基調は継続中です。

225先物60分足ボリンジャー

NY市場が反落していますが、225
先物は上昇しており、通常はNY市場
やドル円の推移に連動する流れとは
異なった動きをしました。

割高感のある米国株から割安感のある
日本株にお金が流れているのかは不明
ですがもし本日の日経平均が大幅上昇
になるなら、その期待は高まります。

ドル円日足チャート

ドル円が5日線(110.76円)を明確に
割り込んだ為、今後25日線(110.04)
を意識した円高推移が予想されます。

さすがに110円前半までドル円が下落
すると、日経平均にも影響が出る為
上値は画像の+2α(21628円)付近で
下値は-1α(21459円)を考えてます。

注目銘柄 東海カーボン(5301)

直近株価は100日線で売りに押された
格好になっており、昨日も大きく売り
に押されましたが、終値は5日線(
1569円)まで回復しています。

昨日安値(1548円)を再び割ってくる
様だと難しいですが、本日については
25日高値(1639円)を目指す展開に
なると予想しています。

後場結果 ±0

お疲れ様です。

お昼休み中に、インド・パキスタン
問題で先物が急落していた為、後場
は様子見しました。

225先物60分足ボリンジャー

225先物は瞬間21400円を割れまし
たが、後場に入っての日経平均は何
とか21400円割れは阻止してます。

画像を見ても直近のトレンドライン
は維持しており、更に下値も徐々に
切り上げているので、まだ悲観的に
なるのは早いかなと考えていますが
どうなるかは今晩のNY市場の動向
次第なので、現在先物は軟調では
ありますが、上昇に転じてくれる事
を期待したいです。

前場結果 +5.3万

こんにちは。

日経平均は21600円を突破して、連日
で年初来高値を更新していますが、
その後はダウ先物の下落と円高推移を
嫌気してマイナスに転じ、前引け間近
に昨日安値(21505円)を割れてしま
った為、注意が必要です。

NYダウ先物日足チャート

因みにダウ先物も本日、日経より一足
早く昨日安値を更新しています。
まだ26000ドルをギリギリ保っている
とは言え、上昇し続けていたので、
この辺りで調整局面を迎えても全く
不思議では無いので、後場日経同様、
ダウ先物の動向も注視します。