予想レンジ 21400~21600円

おはようございます。

先週末のNY市場が上昇し、これで
3指数全て日足買い転換しました。

本日の日経平均もNYの流れを受け
て、上昇して始まりますが、一気に
直近高値(21568円)を超えて、
上昇し続けるのは無理だと思うので
高値を取ってからは、利確売りが
出ると考えています。

ただ15日始値(21376円)を割れる
程売られる可能性は低いので、もし
21400円台前半位まで日経が下落し
た時は買い場だと考えてます。

後場結果&日経徹底解説

おはようございます。

NY主要3指数は上昇し、ダウ日足は
買い転換しました。
ナスダックは反発し、日足のMACDは
Gクロスしました。ただ月足買い転換
(7741P)手前に位置している為、
まだ安心は出来ません。

225先物も上昇し25日線(21318円)
を終値で抜けてきました。
ただ、直近高値(21380円)までは
更新する事が出来なかった為、週
明けは、この水準を突破出来るかが
焦点になります。

9日と13日のRCIは、昨日Gクロス
した事で、やや底打ち感が見られ
ます。この形であれば、株価も反
発する可能性がある為、北朝鮮や
米中貿易による悪材料出てこない
事を願っています。

裁定買い残は画像の通り、1月から徐々
に積み上がっている事や、中・長期的
に見ても過去の底値水準にある事が、
分かります。

裁定買い残は短期的に影響を与える物
ではありませんが、買われ始めている
傾向である事は確かです。
これを踏まえれば、少なくとも大きく
値崩れする可能性は低いといえます。

前場結果 -5.5万

こんにちは。

ダウ先物が日足買い転換した事や上海
指数が上昇して始まった事を受けて、
日経も連れ高し、直近高値(21380円)
から引くラインを一時突破しました。

お昼時間に日銀の会合結果が分かる為
警戒した売り方の買戻しが入ったそう
ですが、想定内の結果に終わるよう
なら後場は一転して売りに押される
展開も予想されます。

予想レンジ 21250~21400円

おはようございます。

NY市場は小幅に高安まちまちの展開。
WTI原油は4日続伸し、月足一目均衡表
の基準線(59.40)や転換線(59.46)
に接近。このラインを抜けると上昇が
加速しそうですね。

ナイトセッションで先物は21000円
を割り込む場面がありましたが、
ほぼ横ばいで推移しています。

本日の日経は、週末要因に加えて、
画像の通り、移動平均線が収斂し
横ばい状態になっていますので、
ボラが低い展開になりそうです。

上値は+1α(21267円)で下値は-1α
(21109円)やトレンドライン付近
がメドになります。

注目銘柄 ラクスル(4384)

本日は1部市場が凪の状態になる事が
予想されるので、昨日日足買い転換
したマザーズ指数の銘柄に注目して
います。

ラクスルは3/13に4600円のラインを
抜けて、上昇が加速し上場来高値を
更新しています。

昨日、陰線となっているのが、やや
気になる為、エントリーは5090円を
超えてからが良いですが、下値も
2/14(4625円)や3/5(4600円)が
支持線となりそうなので、押し目を
買っても大丈夫かなと考えてます。

後場結果&日経徹底解説

こんばんは。

本日の先物は上昇して始まりましたが
結局21500円前後では、売りに押され
てしまい、昨日に続いて21000円を
強く意識した形で引けました。

移動平均線も5日~75日線が集まって
おり、収斂してきています。
その為、ローソク足は上下どちらにも
動かず、方向感が無くなっています。

ナイトセッションに入って、225先物は
一時21240円まで上昇しましたが、
その後利食いに押されて、現時点では
12/26と2/12を結んだトレンドライン
付近で推移しています。

9日と13日のRCIが安値圏から反発傾向
となっている為、何とか今晩のNY時間
で、節目21000円を抜けずに推移する事
が出来れば、明日は素直に上昇基調の
相場展開が期待出来ます。

前場結果 +15.5万

こんにちは。

11時に中国の鉱工業生産が発表され、
予想に届かなかった事から下げ幅を
拡大しました。

上海指数は3000Pを維持してますが、
日足売り転換(2990P)が接近して
る状態で、MACDは既にDクロスして
いる為、2990Pを割り込むと、今まで
の急伸による反動が大きそうなので
警戒が必要です。

225先物は240分足が買い転換して
始まりましたが、直近高値手前で
失速してしまいました。

240分足の売り転換(20979円)まで
距離があるので、そこまで下落する
とは考えていませんが、画像にある
60分足チャートを見ると、MACDが
Dクロスしている為、後場に海外指数
が下げ幅を拡大する様な事があれば
もう一段安も想定してます。

ドル円は、本日日足売り転換しました
が、現時点では111.50円付近まで上昇
しています。
買い転換は112.12円ですが、100日線
(111.51円)を明確に抜ければ、日経
平均にも好感した買いが入りそうです。

ただ、上下どちらに行くか不透明なの
で、後場は様子見姿勢で臨みます。

予想レンジ 21350~21550円

おはようございます。

NY市場は3指数共に上昇。
ダウは買いシグナルが点灯しましたが
まだ日足買い転換(25951ドル)や
20日線(25776ドル)の下にいます。

買い転換中のNASDAQやSP500も堅調
推移が続いてますが、ダウと同様に
MACDはまだマイナスですので、まだ
警戒は必要です。

225先物は、ナイトセッションで下降
トレンドラインを突破し、終始堅調
展開が続きました。
本日は、直近高値(21380円)を抜け
て、上昇を加速する事が出来るかに
注目が集まります。

ただドル円が、やや円高基調で推移
しており、日経の重しになってます。
まずは111.33円を超えて推移する事
が求められますが、売り転換(111.
07円)も接近している為、本日の
ドル円は要注目です。

注目銘柄 日立(6501)

昨日は反落しましたが、週足転換線(
3364円)で下げ止まりました。
画像の通り、転換線と基準線が今週
Gクロスしており、強気展開が予想さ
れる為、目先は3/12高値(3499円)
や2/18・26の3515円水準を目指す
展開になると考えています。

後場結果&日経徹底解説

こんばんは。

場中に先物は中心線を下抜けましたが、
何とか節目の21000円で反発しました。
ナイトセッションに入り、上昇は継続
中であり、直近の下降トレンドライン
まで戻しています。

ダウ先物が100ドル近い上昇で推移して
いる事や、ドル円も上昇基調である為
このままトレンドラインをブレイク
出来れば、再び上昇基調を維持出来る
可能性があります。

前場結果 -5.4万

こんにちは。

先物は60分足のトレンドラインを割れ
た事で売りが加速し中心線(21096)
も下抜けました。

日足を見ても、12月から引くトレンド
ラインを再び下回っており、直近3/11
安値(20645円)を視野に入れた売り
が入り易い状況です。

お昼休みに入りましたが、先物は
21000円を一時割れました。
後場に日銀のETF買いは入りますが、
ダウ先物240分足が再び売り転換して
いる事や上海指数も再び5日線(305
3P)を割れるなど、海外指数が軟調
なので、まだ注意は必要です。

予想レンジ 21400~21550円

おはようございます。

NY主要3指数は、昨日同様にダウのみ
が下落する展開でした。
NASDAQとSP500は日足買い転換し、
特にNASDAQは月足買い転換(7741P)
を早期に達成出来るか注目です。

先物はナイトセッションでは、終始
売りに押されて推移しましたが、まだ
30本線(21207円)を維持している為
上昇基調は継続すると考えています。

ただし、直近安値から引くトレンド
ラインを割れてきた場合は、中心線
(21065円)まで下落する可能性が
高いので注意が必要です。

あとは、昨日上海指数は上昇して、
5日線(3053P)を回復してます。
本日も上昇して、昨日高値(3093)
を超える様なら、一気に週足雲上限
(3120)や3/7高値(3129)を更新する
展開になる可能性もあります。

注目銘柄サイバーエージェント(4751)

3/1に日足買い転換した後、順調に
上値を伸ばしており、今週に入り、
週足転換線(3750円)を超えた事で
MACDも昨年7月以来のプラスに転じ
ています。
日足売り転換(3425円)もまだ
下方に位置している為、週足基準線
(4812.5円)を目指す展開になって
いくのかなと見ています。